金剛證寺(こんごうしょうじ)
【宗派】
  臨済宗南禅寺派
【山号】
  勝峰山
【院号】
  兜率院
【霊場・札所】
 ・伊勢西国三十三所観音霊場 2
【住所】
  三重県伊勢市朝熊町岳548


4月16日、伊勢神宮参拝を終え、次に向ったのは朝熊山にある金剛證寺です。
伊勢神宮の鬼門を守る寺」とか「神宮の奥之院」とも言われるお寺です。
俗謡で「お伊勢参らば朝熊かけよ、朝熊かけねば片参り」とされ、伊勢神宮へ参宮するときはセットで参詣するのが慣わしだとか。

ちなみに、調べてみると似たような俗謡がたくさん発見されました。
「お伊勢参らばお多度もかけよ、お多度かけねば片参り」多度大社
「お伊勢参らばお多賀へ参れ、お伊勢お多賀の子でござる」多賀大社
「お伊勢参らば津島へ参れ、津島参らば片参り」津島神社

…多すぎでしょ (´o`;

この他にも、熊野三山香良洲神社にも行かないと片参りになるようですが…
1回の旅行で全部はムリですな

山門をくぐります。


おちんこ地蔵。
両方のお地蔵様におちんこがついています。

朝熊稲荷社。

仁王門です。
逆光で見えにくいですが、仁王様がいらっしゃいます。

裏から見るとこんな感じ。

境内を進みます。

連間池と連珠橋。
連間の池は、弘法大師によって掘られたとされる池で、連珠橋を堺にして此岸(迷いの世界)と彼岸(悟りの世界)を表しているそうです。

なお、連珠橋は渡れません。
(橋の向こう岸にあるのは雨宝堂) 

地蔵堂です。

地蔵堂の本尊は矢負地蔵尊です。
合掌。

仏足蹟。
小銭がたくさん。

手水舎で手と口を清めて、階段を上ると本道です。

左手には福丑。
頭上に大黒様がいらっしゃいます。
福丑に触れると、身体健康のご利益が授けられるそうです。

右手に智慧寅。
虚空蔵菩薩の智慧を頂いた寅で、慈愛と威徳を授けてくれるそうです。
セットで撫でておきました。

本堂の摩尼殿です。
本尊は福威智満虚空蔵大菩薩で、日本三大虚空蔵菩薩の第1位にあたる秘仏だそうです。
合掌。

こちらの本堂の中で御朱印を頂くことができます。

降りてきまして、開山堂。

雨宝堂。
池にあった連珠橋の向かい側に位置します。

今回は以上ですが、次回は奥の院にも行きたいなぁ。



【金剛寺の御朱印】