久遠寺 祖廟(くおんじ そびょう)

寺社データは、久遠寺①


久遠寺三門の前の道路を上がっていくと、祖廟があります。

こちらは、日蓮聖人の御墓と草庵跡です。「南無妙法蓮華経」が響き渡っています。

橋を渡ってすぐ左手にあるのが、この二つの塔。
左が「護国英霊供養塔」、右が「海外開教先師の顕彰碑」です。

さらに進み、納骨供養塔。

身延山教師廟。
ここまで参道左手に並んでいます。


霊山橋を渡ります。
左手には水屋。

こちらで清めます。

さらに進んで行き、

階段の上が祖廟拝殿です。
写真には写っていませんが、この写真の右の方で6名程の方々が「南無妙法蓮華経」の御題目をエンドレスで唱えていらっしゃいました。

合掌。

少し戻って左に行くと、この草庵跡があります。こちらで日蓮聖人が9年過ごされたそうです。

2つの説明書き。

さらに進むと、法界堂があります。

草庵を模写・縮小したものだそうです。

中はこんな感じ。

参拝を済ませた後は、参道を戻って御朱印をいただきます。

常唱殿。向かって右手に受付があります。こちらで御朱印・御首題をいただきました。御朱印に書かれた「功徳聚」は、功徳の集まるところということで曼陀羅と同意だそうです。
志納ということで、2つ分600円を納めました。

この後、駐車場まで歩きましたが、途中にたくさんの塔頭寺院がありました。そちらでも御朱印・御首題がいただけるかもしれません。


【久遠寺祖廟の御朱印・御首題】